« 祝*ナガタ理容室リニューアルオープン☆ | トップページ | charity ivent 2011.0409-0410。 »

2011年4月10日 (日)

いつか思い出す日々。

Ts3r07260001_2 

書きたい事が多過ぎて、色々な思いが混ざりすぎて、

それをまとめる時間もなく、何も書けずにいました。

週末の尾賀商店。

さくらまつり、Ladybird craft、チャリティーイベントと、三つのイベントが重なって、

沢山の素敵な事、素敵な人、素敵なモノが山盛りで、心に残る数日となりました。

駆けつけて下さった沢山のお客様に、心よりお礼を申し上げます。

そして、サブレの袋詰めを手伝ってくれた両親や、

Ladybird craftのイベントの為に力を貸してくださった方へも、心から感謝。

楽しかったこと、嬉しかったこと、色々と書きたいけど、いつになるかわからないので、

短くまとめると…  一生大事にするであろう宝物が沢山できました。

日曜日、過去の経験を生かして(笑)駐車場の警備員をしながら・・・

合間に作った木のスプーン。

と、誰にも頼まれず勝手に警備員をしていた私に、その夜、

労をねぎらうメールを下さった翠さんの細やかなお心遣い。

いつか思い出す日々。

来年、少し遠くに離れちゃう親友と一緒に、大好きなカメラマンに撮ってもらった写真。

と、その人と一緒に、みなみちゃんに撮ってもらった写真。

写真に写るのが苦手な同士の、本当に貴重な二枚の記念撮影。

きっと、死ぬまで大事にすると思います。

そして、江湖さんに書いてもらった「優しく」。

いつも目に付くところに飾って、優しく生きたいと思います。

Ts3r0724_2

Pafさんに作ってもらった「g」のワイヤーブローチ、などなど☆

そして。

茨城から一時帰省中の友達が会いに来てくれて、聴かせてくれた嬉しい話。

Gentle'coのサブレをお別れする友達に配ってくれたその日に、あの地震に見まわれた友。

その友からサブレをもらって下さった茨城の方が、「いつかまた、ゆっくり美味しくお茶できる日がくるように…」と、今もそのサブレを御守りとして大事に残していて下さる…という、胸がいっぱいになるお話。

それを聴いて、嬉しさと、感動と、被災地の方と 今の自分の恵まれた暮らしとのの差に対する複雑な思いが入り乱れてしまい…お店の真ん中で思わず泣いてしまった私に、「友達からそのことを聴いたとき、私も泣けてきたよ」と優しく笑ってくれた友。

その話をたまたま背中で聴いて下さっていたミュージシャンの森本のりたかさんが、「お菓子作り、これからも頑張って下さいね!」と心を込めてかけてくださった優しいお言葉。

チャリティーイベントの打ち上げにちゃっかり混ぜてもらった楽しい夜×2。

作家の皆さん、本当に楽しく素敵な方ばかりで、すごい刺激になりました。

そして、Ladybird craftのイベントも残すところ3日となってしまいました。

ちょっと大口の注文が入っているので、私は最終日の夕方まで尾賀商店には行けなさそうですが、他のメンバーが、皆様のお越しをお待ちしております(*^−^*)

Ladybird craftのみんなと、足を運んで下さったお客様と、共有出来た思いや、時間。

何よりも、かけがえのない宝物となりました。

桜は、強く美しい生命力と、さようならの匂いがする。

私は桜の咲く頃、いつも、

終わって 始まる 何かを感じて、何故だか涙が溢れてきます。

今年もようやく、桜満開。

こんな日々もあったと、懐かしく思い出す時が、いつか来るのでしょう…。

|

« 祝*ナガタ理容室リニューアルオープン☆ | トップページ | charity ivent 2011.0409-0410。 »

白書⑦ジェントレコの日報。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314953/39568317

この記事へのトラックバック一覧です: いつか思い出す日々。:

« 祝*ナガタ理容室リニューアルオープン☆ | トップページ | charity ivent 2011.0409-0410。 »