« 深く繋がる。 | トップページ | ballerina CAKE。 »

2011年6月17日 (金)

走馬灯。

走馬灯。

久しぶりに、我が青春時代の記録?を引っ張り出してきて、

仕事しながら大音量で聴いています。

和ロックな味のお菓子になってしまいそうです(笑)

曲が変わる度、色んな風景を思い出します。

川西、宝塚、西宮、三宮…の時代。

三鷹、吉祥寺、新宿…の時代。

氷川台、飯田橋、西船橋…の時代。

ザ・イエローモンキーは、

日本人に生まれて良かった!!と、心から思わせてくれた、

唯一無二のロックバンドでした。

このあと貼り付けるYouTube。

どれにしようか迷うなぁ( ̄∀ ̄)

走馬灯。

そして。

やはり、一曲だけ選ぶっていうのは無理でした。coldsweats01

The Yellow Monkey”をの世界観を、代表曲一曲だけで伝えるとするならば・・・

やっぱりコレかなぁ。。。 

Burn

初めて聴いたときは、なんだこのふざけた曲?!って思ったんですが、

聴けば聴くほど、恐れ入りました。。。

メンバーではなかったけれど、

三国 義貴さんのピアノのサウンドが、

イエローモンキーの音楽には欠かせない存在でした。

歌詞のテーマが「トラウマのある、若くない独身女性。」だったかなんかで・・・

今聴いたら、、、ちょっと笑えない・・・(笑)  ←と言いながら、笑っている。

これぞ、和ロック!!

いきなり、ジャジャ~ン!!と始まるので、心して聴いてください。bleah

もう一曲。

イエローモンキーの魅力は、音楽だけでなく、

歌詞も本当に素晴らしかったのです。

劣等感や切なさまでも、悦びに変えてくれるような、

不思議な力を秘めた言葉のテレパシー(・・・解る人にだけ解る)を持っていました♪

BRILLIANT WORLD」は、

未来が明るいと信じられないような今の時代でも、

世界は素晴らしい・・・ 生まれてよかった・・・って、思わせてくれる、

これからの世界や人生に希望をもたせてくれる、

私にとって、大事な大事な一曲です。

是非、聴いてみてくださいね。confident

|

« 深く繋がる。 | トップページ | ballerina CAKE。 »

白書⑦ジェントレコの日報。」カテゴリの記事

白書⑭音楽 ・ 映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314953/40434218

この記事へのトラックバック一覧です: 走馬灯。:

« 深く繋がる。 | トップページ | ballerina CAKE。 »