« ABNORMAL ART...? | トップページ | macrobiotic house CAKE 2011。 »

2011年8月27日 (土)

船の着いた場所。

Gift_for_keymen002

お昼にケーキの納品を無事に終え、尾賀商店にサブレを納品に行った後、

昔とてもお世話になった銅の照明作家さんの新しいお店に、やっとおじゃましてきました。

ずっと前から用意しておいた、彼の喜びそうな、ちょっと不思議な絵本を抱えて。

舟の着いた場所。

近江八幡のお堀沿いに佇んでいた古い倉をリノベーションした

隠れ家のような、銅製品のショールーム兼、日本茶カフェ。

その名も、『 Atelier Key-men 船着場 』。

Ts3r0212

彼のセンスは間違いなくて、、、文句なしにクールな外観。

彼は照明作家だけれど、

電気工事、リフォームなど、なんでもひとりでやっちゃうスゴイ人。

Ts3r0211

二年くらい前、ご縁があって、彼のお店でアルバイトをしていた私。

そこで本当に沢山の出逢いを頂きました。

大好きなbamさんも、Laughのお二人も、帽子作家のminaちゃんも、539のドラちゃんも、

尾賀商店のみんなと出逢えたのも、すべて彼のおかげ。

Ts3r0203

ジェントレコ始めるに当たって、

なかなか一歩が踏み出せない私の背中をどんっと押してくれた恩人でもあるのです。。。

会ったことも行ったこともなかった彼のお店。(当時は、尾賀商店にありました)

ご縁があって、スタッフになりませんか?と声をかけて頂きました。

働くかどうか迷いながらとりあえず面接に行ったとき、

私の大好きなゴッホの絵のポストカードみたいなのが飾ってあって、

好きな絵が同じなら、なんか分かり合えるかも・・・という単純な理由で、

働くことに決めた。。。

舟の着いた場所。

そんなことを思い出しながら、久しぶりに彼の創った空間に浸る。

彼の才能やセンス、商才がずば抜けているのは前から知っているけど、

実を言うと未だかつて、心底「好い!」と思ったことはなかったのだけど、、、

悶々と航海してきた 彼の船の着いた場所は、

とても潔く、混じりけがなくて、なんだかとても素敵だった。

心から、「いいね!!」と連呼してしまった。

舟の着いた場所。

Sade(若い頃)を見る度に、何故かいつも、彼の奥さんを思い出してしまうのだけれど、

久しぶりに会った彼女は、髪型までSadeにそっくりで、再会の第一声、

「やっぱり なほさん、シャーデー!!」と、叫んでしまった。

他のお客さんもいたのに・・・coldsweats01

写真を撮るのを忘れちゃったけど、

絵描きのはとちゃんの壁画が素敵なキッズルームも完備されていて、

その小さな黄色い部屋には、とても愛らしく成長した彼の三男ぼうや。

彼の何より大切にしている「家族」が水入らずで、

本当にくもりのない笑顔でそこにいて、、、

「 めっちゃ大変やで~~ gawk」 と 相変わらず、

毒もグチも多い彼だけど、なんかすっごく幸せそうだった。

私は心から、「本当によかったね。。。confident」と思った。

Ts3r02080001

カフェスペースには、インテリアとかアートとか、面白そうな本がたっくさん。

もともと建築関係の方との打ち合わせが多く、そのために用意したスペースなのだとか。

席について、気になる本のページをパラパラとめくる。

久しぶりに、頭の中に色々と、

インスピレーションが降りてくる感覚。

小さな窓から差し込む光の具合。

蝉の声の響き方。

静かな音で流れる、心地よいスタンダードなジャズ。

素敵な照明たちの、やわらかい灯り。

一人で静かに本を読むのに、本当にうってつけの場所だ。

舟の着いた場所。

外は暑くて、喉がカラカラだった私が注文したのは、

「夏季限定、冷茶セット。」(650円)

た~っぷりの冷水と、新鮮な朝宮の茶葉、ゆっくり溶ける大きな氷。

それに、和た与さんのういろが付いて このお値段、かなりお値打ちです。

はじめの一杯を頂くまでに、待ち時間5分~7分。

満を持して、冷茶をごくり。

「 んんんっ!! めっちゃおいしい!! happy02 」

予想をはるかに超える、美味しいお茶。

渋みとか全くなくて、甘くてまろやか!!

近頃、緑茶を飲むとすぐに胃が痛くなる私でも、

ゆっくり時間をかけて、最後の一滴まで残さず飲み干しました。

このお茶のセットを頼んだら、かるく一時間は寛げます。

お店に行ってみるまでは、

「照明屋さんのカフェなんて、入りづらそう・・・」と思っていたけれど、

これはよいぞshine

「 隠れ家 茶房・船着場 」と名乗ってもよいくらいだ。 (なんかダサっ 笑)

秘密にしておきたいけど、自慢したくなる、

本当に素敵な場所でした。

あ、そうそう。

きっと気に入ってくれるだろうな・・・と思っていた、

SHAUN TAN の、セピア色の無声SF映画みたいな絵本。

The Arrival The Arriva

「 なんやこれ!! 」と、やっぱり、すごく喜んでくれた。catface

次に行ったときには、あの本棚のどこかに置いてあるかも。

お茶しに行ったら、探してみてくださいね♪

そして・・・

Ts3r0215

来る9月19日(祝)には、絵描きのはとちゃんや、銀座の文房具店・五十音さんなどが来られ、

ひさしぶりに一日限りのイベントを開催されるとか☆

尾賀商店からも近いので、

Ladybird craftのイベント(9/10~21) と 合わせてお楽しみくださいね♪

|

« ABNORMAL ART...? | トップページ | macrobiotic house CAKE 2011。 »

白書⑦ジェントレコの日報。」カテゴリの記事

白書⑧つながり」カテゴリの記事

白書⑬おでかけ」カテゴリの記事

白書⑮読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314953/41380129

この記事へのトラックバック一覧です: 船の着いた場所。:

« ABNORMAL ART...? | トップページ | macrobiotic house CAKE 2011。 »