« happy halloween ☆ | トップページ | delicious pakistan☆ »

2011年11月 1日 (火)

my way。

お仕事の合間の、夕暮れワインタイム。

オレンジ色の温かいその時間に、

右手には、おいしいパンと、ビオワインを かわるがわるに、

左手には、たいてい携帯電話。

メールの返信をしたり、blogの更新をしたりする時間なのであります。

微酔いなので、後で読み返して恥ずかしくなることを、

いつも平気で書いてしまいます‥。

私は昔から、一番大事に思っていることが、変わりません。

それは・・・

愛すること、愛を表現することです。

その愛は、別に、異性に向けたモノばかりでありません。

動物、友達、知らない人、遠い人、今日の空、四季の移ろい、音楽とワイン‥

愛する対象は様々です。

それと同様に、表現する方法も様々です。

最近、ようやく気づいたことがあるのです。

私は、どうして「お菓子づくり」をしているのか。

私は、お菓子は毎日食べなくても生きられる人。

頭の中がお菓子でいっぱい‥ということもありません。

ではどうして、お菓子を作っているのか?

私は、お菓子作りをすることで、

ラブレターを書いているのだと気づきました。

美味しくて、可愛くて、食べたらなくなる、

そんなラブレターを書いているのです。

私はいつも自分に自信がなく、恥ずかしがりで、

目立つことも、跡に残るようなこともあまり好きではありません。

だけどいつも願っていました。

人の心に残ることをしたい。

孤独な誰かの、ぬくもりでありたい。

私は今、毎日のように、お客様から、

心温まる言葉の綴られたラブレターを頂いています。

そのほとんどが、

誰が書いても同じ文字の形のはずの電子メールなのですが、

ちゃんと温もりも伝わるし、文字の形すら違って見えます。

一度もお会いしたこともない、お顔も知らない方からの

ラブレターに勇気づけられ、お菓子をつくる毎日です。

「何故お菓子なの?」と問われると、

少し前の私はいつも、返答に戸惑ってしまいました。

でも今なら、こう答えます。

「そういう運命だったのです。」

もしも「何のためにお菓子を作っているの?」と問われたら、

迷わず、こう答えます。

「誰かの愛を、私の愛を、美味しく表現する為です。」

これが私の生きる道だったのでしょう。

「こだわりのあるお菓子」を作っていますが、

こだわっているのは「お菓子」ではありません。

だから、一生続けるという約束は出来ませんが、

もう迷いはありません。

いつも応援して下さる沢山の方に、

心からの感謝と愛を込めて。

|

« happy halloween ☆ | トップページ | delicious pakistan☆ »

白書⑦ジェントレコの日報。」カテゴリの記事

白書⑨言の葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1314953/42795277

この記事へのトラックバック一覧です: my way。:

« happy halloween ☆ | トップページ | delicious pakistan☆ »